盧山初雄修業心得


天地一拳 (てんちいっけん)
空手を志す者の道は一つである
基本回帰 (きほんかいき)
何事も基本は大切である 基本の内に奥義がある事を知るべきである
日々鍛錬 (ひびたんれん)
毎日の鍛錬が己を強くすると心得る
一拳必殺 (いっけんひっさつ)
繰り出す一撃に相手を倒す威力を持たせ
一蹴必倒 (いっしゅうひっとう)
一蹴りでも確実に倒せるようになるまで繰り返し稽古に励むべきである
変幻自在 (へんげんじざい)
さすれば技を自由にこなすまでになるだろう
空手求道 (からてきゅうどう)
空手を志すものは又、道を極めるまで修業すべきと心得る
生涯修業 (しょうがいしゅぎょう)
よって命尽きるまで修業と心得る
極真精神 (きょくしんせいしん)
以上をもって極真の精神であると心得る
天下布拳 (てんかふけん)
空手道を広めることで、平和を願うものである